収益物件で副業すれば将来安泰|失敗しないための運営方法とは

つみき

事例は必ず確認

男女

一見、簡単そうに見える不動産投資ですがその裏では数多くの失敗談があります。ただ、ネット情報を見ると、いかにもすべての人が成功をするという宣伝の仕方をしているので自分も成功するのではと夢を抱きます。実際はリスクが大変大きい投資になり、浅はかに考えると大変です。不動産投資で失敗する人の多くは、情報収集をやってこなかった人、また、目の前の良い条件だけしか見えてなかったことが関係しています。実際にどのような失敗事例があるのか、それらの体験談を通じて知ると初心者も不動産投資に失敗する事はありません。

節税と生命保険代わりに始める中高年が増えている中、このような目的で不動産投資をしたことによる失敗を経験する人もいます。この場合、ローンを組んで投資を始めますが、家賃収入からローンを差し引くと数万円の赤字になります。はじめの数年はとても順調で、黒字続きでした。節税効果もあり、生活も順風満帆です。ところが、近年こうした不動産投資物件も節税効果が見られなくなり、毎月決まった収入があっても黒字になりません。赤字が続くと今度はローンの返済が滞っていまい、最終的に売却をするしかなくなります。この事例では、すぐに不動産投資に活用された物件を売る事が最善策に思われがちですが、黒字になるよう繰り上げ返済を勧めるのが一般的です。このような失敗も、実はとても増えており、中でも新築を使った不動産投資もその類になるでしょう。理由と新築物件の価格に販促費用が上乗せされたことで高額になる点です。マンションを販売するためには人を沢山使わないといけませんし、広告費用もかかります。そのため、どうしても物件価格が高額になりやすくなりますが、これも不動産投資を失敗に終わらせる要因です。